2017年12月5日火曜日

Knobless Wonder

Knobless Wonderは、VK3YEが開発 した単一周波数のSSBトランシーバである。このトランシーバは、ツマミが無く極めてシンプルな構造をしている。今回、7.15909MHzの水晶発振子を使い、7.160MHz版を作った。出力2W程のQRPであるが、数局とQSOした。電波品位に関しマイナス評価は、今の所ない。
ファイルは、Download siteのKnobless Wonderフォルダからダウンロード可能。






Knobless Wonderで最も重要となるのは、クリスタルフィルタである。水晶発振子は、中華の49US(小型の背が低いタイプ)を入手し、FRMSで特性を測った。最適値では無いが、LSBでのキャリアポイントは、7.1607MHzである。日本国内の7MHz帯運用状況から、1kHZステップでの運用が暗黙の了解なので、1kHZに丸める事が望ましい。従って、このフィルタは使えない。(キャリアポイント有りき、フィルタ帯域である。)



キャリアポイントを7.160MHz±100Hzを目標値とした時、市販部品で作れるフィルタである。一般的に、この様なSSBには不向きと思われる狭帯域となる定数は選ばないであろう。だが求めている物は、HiFi音質でなく、通信に必要な実用レベルの音質なので、これで良い。







オリジナルを改造した回路図である。オリジナル回路のコレクタ抵抗は、ゲインが不足することから、インダクタに交換。更に、低周波出力はスピーカーマイクを使う為にゲインを向上させた。






基板サイズ 73 × 95
pcbeでパターン設計し、中華にPCBを注文した。中華に発注したPCBで組立たが、終段で異常発振した。パターン引き回し上の単純なミスであった。左は、修正済みのパターン。 






3 件のコメント:

Unknown さんのコメント...

JA2NKDさんのページから辿り着きました。
JA2GQPさんのデータで勉強させて頂いています。
プリント基板まで作られていたとは凄いです。
当局も水晶を手配中ですが、要領を得ず中華に再発注しています。

余剰のリレーと基板はございますか?
よろしかったら、メアドはコールサイン@jarl.com です。
ja1vuc 星野 

golden eagle さんのコメント...

I am happy to find the pub design of vk3ye Knobless winder transceivers. I had made only receiving part on copper clad as well as hand drawn pcb. Receiver worked great for my small cw TX on 14,318 kc TX. My blog vu3inj.blogspot.in

JA2GQP さんのコメント...

Thank you for your comment. There are people who made in Japan even at 14 MHz, 2 WAY QSO seems to be difficult because there is no opponent. Operation of 7 MHz seems to be good.