2017年3月21日火曜日

RF Analyzer

何時もお世話になっている松浦OMのRF Analyzerを作った。このAnalyzerは、2.8"TFT(オリジナルは、2.2"TFT)を使用し、スタンドアーロンでSG、パワーメータ、周波数応答、アンテナアナライザなどの機能がある。今回、1ボードのユニバーサル基板で作り、ジャンクのHubケースに納めた。シールド対策を施した結果、ノイズフロアレベル-70dB(測定用ケーブルなしでの裸特性)となった。




            

AD8350とLPFを含めた回路、および、AD8307回路部に個別シールドを施した。更に、基板裏側もコネクタ部までシールドを行った。当初、アルミケースに組み込んだが、ノイズ対策後、蓋を閉めると状況が悪化した為、樹脂ケースを使う事にした。








Hub(ジャンク)のケースを流用し、余分な穴を塞いで見栄えを向上させた。







     
一部修正した回路である。オリジナル回路では、TL431が発振による動作不良の為、REF側にコンデンサを追加した。








  





1 件のコメント: